コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣寿詞 なかとみのよごと

2件 の用語解説(中臣寿詞の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なかとみのよごと【中臣寿詞】

天皇践祚せんそのときや大嘗祭だいじようさいの日に、中臣氏が天皇の御代をことほぎ奏上した詞。天神寿詞あまつかみのよごと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのよごと【中臣寿詞】

近衛天皇の即位大嘗祭大中臣清親(おおなかとみのきよちか)が奏上した天神の祝詞(のりと)。これは藤原頼長の《台記別記》の康治元年(1142)11月条に記録されているが,内容,文章ともに上古のさまを伝える。第1段は天孫降臨と中臣氏の祖先神の働き,第2段は大嘗祭の悠紀(ゆき)・主基(すき)の卜定(ぼくじよう)のことや天皇の代の長久の寿ぎ(ことほぎ),第3段はこの寿詞拝聴者への下知(げち)となっている。実際に奏上された点,史料的価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中臣寿詞の関連キーワード大中臣大嘗中臣の寿詞大中姫大中臣国弘大中臣子老大中臣淵魚大中臣致忠大中臣安子中臣清麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone