コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣寿詞 なかとみのよごと

2件 の用語解説(中臣寿詞の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なかとみのよごと【中臣寿詞】

天皇践祚せんそのときや大嘗祭だいじようさいの日に、中臣氏が天皇の御代をことほぎ奏上した詞。天神寿詞あまつかみのよごと

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのよごと【中臣寿詞】

近衛天皇の即位大嘗祭大中臣清親(おおなかとみのきよちか)が奏上した天神の祝詞(のりと)。これは藤原頼長の《台記別記》の康治元年(1142)11月条に記録されているが,内容,文章ともに上古のさまを伝える。第1段は天孫降臨と中臣氏の祖先神の働き,第2段は大嘗祭の悠紀(ゆき)・主基(すき)の卜定(ぼくじよう)のことや天皇の代の長久の寿ぎ(ことほぎ),第3段はこの寿詞拝聴者への下知(げち)となっている。実際に奏上された点,史料的価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone