寿詞(読み)よごと

  • ▽寿▽詞/▽吉言
  • じゅし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とも書く。祝賀を述べる朗読文。祝詞 (のりと) と同じく言霊信仰から発するが,祝詞と異なり,臣下から天皇に奏上し,天皇の長寿治世繁栄を祝福する善言,吉言と解される。また各民族の王権への従属伝承が語られることがあるので,単なる祝言ではなく,従属の誓詞としての性格をも含んでいる。代表的なものとしては『中臣寿詞』『出雲国造神賀詞』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

祝いの気持ちを述べた言葉や文章、また、詩歌。よごと。
天皇の御代の長く栄えることを祝う言葉。また、一般に、祝いの言葉。賀詞。
祈願の言葉。
「―をはなちて立ち居」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

善い言葉の意で,賀詞とも記す。祝詞(のりと)に対し,天皇の長寿・隆盛を祝福し,臣従を誓う善言・吉言。言霊(ことだま)信仰に基づく,呪言(じゅげん)的・神言的要素をもつ。中臣氏の〈天津神の寿詞〉,《延喜式》の〈出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかむよごと)〉などが代表的。
→関連項目ことほぎ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヨゴトとは〈善い言葉〉の意で,賀詞とも書く。いわゆる言霊(ことだま)信仰に支えられて寿(ことほ)ぎ祝う言葉である。広義には《古事記》《日本書紀》の〈ほき歌〉や〈酒楽(さかほかい)の歌〉のごとき歌や,《古事記》の櫛八玉(くしやたま)神の〈御饗寿き(みあえほき)の詞(ことば)〉や《日本書紀》顕宗天皇条の〈室寿き(むろほき)の詞〉のような詞を含めるが,狭には《延喜式》巻八〈祝詞〉所収《出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかむよごと)》と,藤原頼長の《台記別記》所収の1142年(康治1)奏上の《中臣寿詞(なかとみのよごと)》との2編をさしていう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祭の儀式に唱えられる祝詞(のりと)のうちで、とくに祝賀の意味が濃いものを寿詞という。賀詞、吉詞とも書き、また「ほぎごと」とも読む。個人的な祝賀に用いるものとしては、新築の住宅を祝賀する「室寿詞(むろほぎのことば)」が伝えられている。公事(くじ)に用いられるものは、現御神(あきつみかみ)なる天皇に奏上する祝賀の詞である。践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)の辰日(たつのひ)の節会(せちえ)に神祇官(じんぎかん)の中臣(なかとみ)氏が奏上する「中臣(なかとみの)寿詞」は、「天神之(あまつかみの)寿詞」とも称し、神代以来の吉事を述べて御代(みよ)の長久を祝福するものである。藤原頼長(よりなが)の日記である『台記(たいき)』の別記に、近衛(このえ)天皇の康治(こうじ)1年(1142)の大嘗祭にあたり、神祇大副大中臣清親(おおなかとみのきよちか)が奏上した寿詞が収録されている。また『延喜式(えんぎしき)』祝詞のなかに載せる「出雲国造神(いずものくにのみやつこのかん)寿詞」は、出雲国造が新任されたとき、朝廷に参向して奏上する御代祝(みよほ)ぎの賀詞である。

[土岐昌訓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 祝寿のこころを述べた詩歌や文章。また、「よごと(寿詞)」の音読語。
※授業編(1783)九「賓客を会し寿詞寿文を以て賀するなどの事は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寿詞の関連情報