中野いと(読み)なかの いと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野いと なかの-いと

1856-1929 明治時代の民権運動家。
安政3年生まれ。明治13年中野二郎三郎と結婚,16年遠陽婦女自由党を組織し党首となる。19年の静岡事件で逮捕された夫の激励や同志の救援活動につとめ,大逆事件に連座した奥宮健之(おくのみや-けんし)の家族の救援につくした。昭和4年死去。74歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。旧姓は松原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android