串木野鉱山(読み)くしきのこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

串木野鉱山
くしきのこうざん

鹿児島県いちき串木野市にある三井串木野鉱山の経営する金・銀鉱山。江戸時代から薩摩藩により採掘され,1906年三井組に移り,以後三井系が経営している。鉱床は安山岩中の割れ目を充填した含金銀石英脈で,坑内では上向き階段掘り,坑外では階段掘りを行なう (→階段採掘法 ) 。採掘粗鉱は選鉱し,精鉱は製錬して金,銀を産している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしきのこうざん【串木野鉱山】

鹿児島県串木野市にある金・銀鉱山。薩摩藩時代から稼行され,第2次大戦中は一時休山し,三井串木野鉱山が経営している。しかし現在は鉱量の枯渇と鉱石品位の低下から採鉱は中止され,金・銀製錬のみを菱刈鉱山と薩摩半島にある赤石(あけし)鉱山からの鉱石を入れて行っている。また,坑道の一部を整備するなどして観光事業も行っている(ゴールドパーク串木野)。中新世のプロピライト化した複輝石安山岩類中に,数十条の浅熱水性割れ目充てん金銀鉱脈が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

串木野鉱山の関連情報