コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸子船 まるこぶね

大辞林 第三版の解説

まるこぶね【丸子船】

近世の琵琶湖水運で用いられた、独特の造りの三十石から五百石積みの輸送船。東海道の草津・膳所ぜぜ間の渡し船にも使われた。丸い船首形状と半丸太を用いた舷側板に特徴がある。丸船。丸太船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まるこぶね【丸子船】

丸船ともいう。おそらく中世末期ないし近世初頭のころから近年に至るまで,琵琶湖で用いられてきた特異な小型~中型船(50石~200石程度)。若狭湾(敦賀,小浜)から峠を越えて琵琶湖経由で京・大坂に至るルートは,日本海岸各地と畿内を結ぶ物資流通の大動脈であったが,この湖上を南北に縦断する航路の主役がこの船であった。その外観上最大の特徴は,船首部の形状にある。すなわち,おけや樽をつくるように,下方をややすぼめた短冊形の板を,縫釘(ぬいくぎ)で円筒形にはぎ合わせ,ちょうど縦半割りにしたおけのような形の船首をつくる(船名の由来)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

丸子船の関連キーワード滋賀県長浜市西浅井町大浦海津(滋賀県の地名)北淡海・丸子船の館長浜(市)丸太船東海道輸送船西浅井渡し船和船草津舳板

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android