コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽正伯 にわせいはく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹羽正伯
にわせいはく

[生]元禄13(1700).伊勢,松坂
[没]宝暦2(1752).1. 江戸?
江戸時代中期の医家,本草学者。名は貞機。山脇玄修に医学を,稲生若水に本草学を学び,儒学者並河天民とも交遊があった。享保7 (1722) 年幕府に出仕,稲生若水の『庶物類纂』を増修,完成させるとともに,諸国を巡遊し薬草採取,物産調査にあたった。また幕府の医官をつとめ,著書『普救類方』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽正伯 にわ-せいはく

にわ-しょうはく

丹羽正伯 にわ-しょうはく

1691-1756 江戸時代中期の本草家。
元禄(げんろく)4年生まれ。稲生若水(いのう-じゃくすい)にまなび,幕府採薬使として諸国をめぐる。和薬改(あらため)会所の設立,指導に貢献し,また師若水の「庶物類纂(しょぶつるいさん)」の増修をおこなった。宝暦6年4月14日死去。66歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は元機,貞機。字(あざな)は哲夫。号は称水斎。編著に「救民薬方」「普救類方」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

丹羽正伯

没年:宝暦6.4.14(1756.5.12)
生年:元禄4(1691)
江戸中期の本草学者。伊勢国松坂(三重県松阪市)の医師丹羽徳応の長子。母は佐与。幼名徳太郎。元機,貞機を名乗り,称水斎 と号す。正伯は通称。京都に出て稲若水 に医学,本草学を学ぶ。享保2(1717)年江戸へ下り医師を開業。江戸幕府が輸入薬種を国内産に切り替えようとしていた時期で,幕命により採薬使(正伯がその第1号)として各地に薬種を求め,さらに下総国(千葉県)に15万坪を下付され薬草園を経営した。また朝鮮の『東医宝鑑』の和訳,朝鮮人参の栽培,和薬種流通の管理など和薬種の開発・定着のため先駆的役割を果たした。師の若水が未完のまま遺した『庶物類纂』の補完を享保17年将軍徳川吉宗より命じられ,後編638巻(1738)と増補54巻(1747)を完成させた。並行して全国諸領の『産物帳』の編纂も進めたが,これは領ごとに農作物,野生動植物,金石などの種類名を書き出させたもので,わが国初の生態調査として意義がある。作成の指示は正伯の独断で遂行された形跡がある。正伯の学識,人柄を誹謗する文書が2通伝えられているが,いずれも根拠に乏しい。著書からは高い見識がうかがわれるし,薬園のあった千葉郡滝台野(船橋市薬園台町)の村びとたちは没後百余年を経て正伯の徳をしのび供養碑を建てている。<著作>『官刻・普救類方』『救民薬方』『両東筆語』<参考文献>奥山市松「徳川中期に於ける本草学者丹羽正伯に就て」(『史蹟名勝天然記念物』12の4号),松島博「本草学者丹羽正伯の研究」(『三重県立大学研究年報』6の1号),安田健『江戸諸国産物帳―丹羽正伯の人と仕事』

(安田健)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

丹羽正伯の関連キーワード丹羽正伯(にわせいはく)日本の医学史(年表)内山覚仲野呂元丈本草家林良適

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android