コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主の祈り しゅのいのりOratio dominica; Lord's Prayer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主の祈り
しゅのいのり
Oratio dominica; Lord's Prayer

イエスが弟子たちに教えた祈りマタイ (6・9~13) とルカ (11・2~4) の両福音書では言葉に多少の相違があり,マタイの句はルカのそれよりも長い。またルカでは弟子に請われてイエスが教えたとの記述がある。普通末尾に付加される栄唱は『十二使徒の教え』にすでに見出されるので,早い時代からその一部となっていたらしい。「天にいますわれらの父よ……」で始る前半は神の栄光の実現が,「われらを悪より救いたまえ」で結ばれる後半は地上の人間生活からの願いが祈りの内容となっている。簡潔であるがイエスの教えの精髄がそこにみられ,古くからキリスト教徒のすべての祈りの模範 (アウグスチヌス) ,福音の集約 (テルトゥリアヌス) などといわれた。信徒の霊的訓練や受洗者の教育にあたっても早くから採用され,また聖餐,聖務日課などキリスト教典礼のなかでも重用されてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐の‐いのり【主の祈り】

イエス=キリストが弟子たちに教えた祈祷(きとう)で、キリスト教会の礼拝において祈りの基準とされる。新約聖書「マタイによる福音書」第6章9節~13節、および「ルカによる福音書」第11章2節~4節に記される。主祷文(しゅとうぶん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

主の祈り【しゅのいのり】

カトリック教会では〈主祷文〉と称し,英語でLord's Prayer。イエス・キリストが十二弟子に示した祈りで,新約聖書《マタイによる福音書》6:9―3,《ルカによる福音書》11:2―4に記されている。
→関連項目ロザリオ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅのいのり【主の祈り Lord’s Prayer】

新約聖書の《マタイによる福音書》(6:9~13)と《ルカによる福音書》(11:2~4)に記されている,イエスが十二弟子たちに教えた祈りの模範。カトリック教会では主禱文という。最初の三つは神についての,後の三つは人間についての祈願である。これと形式的に類似した祈りは,ユダヤ教にもかなり見られる。けれども〈主の祈り〉はその内容において,それらの祈りとは違った独自性をもっている。それは神の栄光と御国のための祈願が,他に先立ってなされ,他の祈願はこれによって方向づけられている点である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅのいのり【主の祈り】

〔新約聖書マタイ福音書第六章・ルカ福音書第一一章〕
イエスが弟子たちに教えた祈禱きとうの模範。「神の国」と「神の義」を切に求めれば必要なものが与えられるというイエスの思想が示されている。主禱しゆとう文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主の祈り
しゅのいのり

イエスが弟子たちに教えたと伝えられる祈りの模範的形式。「マタイ伝福音書(ふくいんしょ)」第6章9~13節および「ルカ伝福音書」第11章2~4節に記されているが、前者のほうが長く、表現や語られる場面も多少異なっている。両者のうちいずれかを原型とみなすわけにはいかず、おのおのの形式が特定の状況と結び付いていた。「主の祈り」(主祷文(しゅとうぶん))という呼称は、福音書のなかにはみられず、のちに教会の礼拝のなかに定着するにつれて与えられたものである。今日実際に用いられている主の祈りは次のような形になっている。
「天にまします我らの父よ、ねがわくは御名(みな)をあがめさせ給(たま)え、御国(みくに)を来らせ給え、御心(みこころ)の天になるごとく地にもなさせ給え、我らの日用の糧(かて)を今日も与え給え、我らに罪を犯す者を我らがゆるすごとく我らの罪をもゆるし給え、我らを試みにあわせず悪より救い出し給え、国と力と栄えとは限りなく汝(なんじ)のものなればなり、アーメン」。[土屋 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の主の祈りの言及

【ロザリオ】より

…カトリック教会の用語で,次の二つの意味がある。(1)キリストの生涯の15のおもなできごとを,救いの秘義として〈喜び〉と〈苦しみ〉と〈栄光〉の3種に分け,各秘義にそれぞれ〈主の祈り〉1回とアベ・マリア回を唱えながら黙想する祈りの方法。ロザリオという名称はキリシタン時代から用いられ,原語であるラテン語のrosariumは,〈ばらrosaで編まれた花冠〉の意。…

※「主の祈り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主の祈りの関連キーワードジュネーブ信仰問答ルター大小教理問答キリスト教用語集召使のよい忠告ロシア正教会アベ・マリアホーンブックエルスカンプルカ福音書三木翔太郎山上の垂訓カテキズムミサ典文コーラン聖金曜日氷河湖つの本土屋角本

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android