主幹制御器(読み)しゅかんせいぎょき

日本大百科全書(ニッポニカ)「主幹制御器」の解説

主幹制御器
しゅかんせいぎょき

鉄道の電車電気機関車、気動車、ディーゼル機関車で、運転士が操作して速度を制御する機器。マスターコントローラーmaster controller(略称マスコン)ともいう。

 主幹制御器で直接主回路を開閉することを直接制御といい、路面電車のように短編成、低電圧、小容量の旧型式列車や車両に使われる。また主幹制御器の指令を、別に設けた制御回路を介して主回路に伝えて制御することを間接制御といい、長大編成の総括制御が可能で、高電圧、大容量の車両の制御に用いられており、現在は間接制御が主流である。

 主幹制御器の基本的な機能は、前・後進の指令、要求する制御段の指令などである。運転の形式は国により、鉄道によって異なる。主ハンドルと逆転ハンドルが別個なもの、主ハンドルの回転方向で前・後進を切り替えるもの、主ハンドルから手を離すとばねで原位置に戻り速度の制御を停止するもの、足で踏むペダル式のものなど各種ある。1970年代以降、一つのハンドルで走行・ブレーキの制御が行えるワンハンドル式のものが導入され、その後ブレーキハンドルによりブレーキ制御する機能を一所に組み込んだツーハンドル式の主幹制御器も導入されている。内部機構として、カムスイッチを使用した機械式やロータリーエンコーダを使用した電気式のものがある。また、主幹制御器には、運転士が操作するスイッチや表示灯などを組み込んだものもある。

[石津一正・長谷部和則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「主幹制御器」の解説

しゅかん‐せいぎょき【主幹制御器】

① 電車や電気機関車の主電動機の起動、速度の調整、停止、運転方向の転換を制御する装置。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
ディーゼル自動車やディーゼル機関車のエンジンの起動、速度の調整、停止、運転方向の転換を制御する装置。マスターコントローラー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android