コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運転士 ウンテンシ

4件 の用語解説(運転士の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うんてん‐し【運転士】

列車および車両の運転の業務に従事する乗務員。
[補説]書名別項。→運転士

うんてんし【運転士】[書名]

藤原智美の小説。規則正しい生活を送る地下鉄の運転士を主人公とする作品。平成4年(1992)発表。同年、第107回芥川賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運転士
うんてんし

客貨を積載し、列車および車両の運転ならびに車両の入れ換えなどの業務に従事する乗務員。JR各社の場合は、職種が運転する車種によって、電車運転士、気動車運転士、機関士(ディーゼル機関車)、電気機関士などに分かれる自動車(バス、トラックハイヤータクシーなど)の運転に従事する乗務員の場合は、運転手あるいは運転者とよばれる。運転の業務は、輸送労働の基幹部分をなし、職務上、旅客、荷主、歩行者など多くの人々の生命や財産の保全に直接かかわりをもっている。その労働は直接車両の発着時間に制約され、勤務時間が毎日変わることが多い。また夜間勤務が避けられず、不規則な生活を余儀なくされるため、肉体的、精神的労苦が大きい。[松尾光芳]
 職務内容は、運転業務のほかにワンマン化の進展で車掌業務にも拡大している。列車の運転士となるには、総合研修センターなどの動力車操縦者養成所での教育、国家資格の取得後、見習い期間を経るのが通例である。[藤井秀登]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運転士の関連情報