主点(読み)しゅてん(英語表記)principal point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主点
しゅてん
principal point

レンズのような共軸球面系の焦点距離や,物体および像までの距離などをはかる基点となる光軸上の点。薄肉レンズではレンズの中心,球面鏡では球面と光軸との交点になるが,厚肉レンズでは物空間主点と像空間主点の2つを考えなければならない。主点を含み光軸に垂直な面を主平面という。厚肉レンズを使って結像作図をするときは,物空間焦点と物空間主平面,像空間焦点と像空間主平面とをそれぞれ対にして作図をすればよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅてん【主点 principal point】

平行光線束が,レンズなどの光学系の光軸に平行に入射して軸上の点F′で交わったとき,F′を像側焦点と呼ぶが,F′を通る光線と,それに対応する物空間の平行光線との交点から軸に下ろした足H′を像側主点という(図)。同様にして像空間から平行光を入射させたときの物体側焦点F,物体側主点Hを定義すると,HとH′は横倍率が1の共役点である。レンズの近軸結像公式に用いられる焦点距離は主点と焦点の距離であり,物点と像点までの距離も主点から測られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅてん【主点】

おもな箇所。要点。
一つのレンズ系で、像の倍率または横倍率が 1 になる物体と像の位置を表す光軸上の共役点。薄い一枚のレンズでは、レンズの中心に一致する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐てん【主点】

〘名〙
① 主要な点、または箇所。要点。
※美術真説(1882)〈フェノロサ〉「主点を繚繞して其主客の分判然たるを謂ふなり」
② 光学系の軸上にあり、像の倍率が一であるような共役点。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android