コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主点 しゅてん principal point

4件 の用語解説(主点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主点
しゅてん
principal point

レンズのような共軸球面系焦点距離や,物体および像までの距離などをはかる基点となる光軸上の点。薄肉レンズではレンズの中心,球面鏡では球面と光軸との交点になるが,厚肉レンズでは物空間主点と像空間主点の2つを考えなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐てん【主点】

主要な点。要点。
光学器械光軸上で、像の倍率が1となる共役点

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅてん【主点 principal point】

平行光線束が,レンズなどの光学系の光軸に平行に入射して軸上の点F′で交わったとき,F′を像側焦点と呼ぶが,F′を通る光線と,それに対応する物空間の平行光線との交点から軸に下ろした足H′を像側主点という(図)。同様にして像空間から平行光を入射させたときの物体側焦点F,物体側主点Hを定義すると,HとH′は横倍率が1の共役点である。レンズの近軸結像公式に用いられる焦点距離は主点と焦点の距離であり,物点と像点までの距離も主点から測られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅてん【主点】

おもな箇所。要点。
一つのレンズ系で、像の倍率または横倍率が 1 になる物体と像の位置を表す光軸上の共役点。薄い一枚のレンズでは、レンズの中心に一致する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主点の関連キーワード節点主光線焦点凸レンズ倍率光学系倍率色収差結像屈曲光学式

主点の関連情報