コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主点 しゅてんprincipal point

4件 の用語解説(主点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主点
しゅてん
principal point

レンズのような共軸球面系焦点距離や,物体および像までの距離などをはかる基点となる光軸上の点。薄肉レンズではレンズの中心,球面鏡では球面と光軸との交点になるが,厚肉レンズでは物空間主点と像空間主点の2つを考えなければならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅてん【主点 principal point】

平行光線束が,レンズなどの光学系の光軸に平行に入射して軸上の点F′で交わったとき,F′を像側焦点と呼ぶが,F′を通る光線と,それに対応する物空間の平行光線との交点から軸に下ろした足H′を像側主点という(図)。同様にして像空間から平行光を入射させたときの物体側焦点F,物体側主点Hを定義すると,HとH′は横倍率が1の共役点である。レンズの近軸結像公式に用いられる焦点距離は主点と焦点の距離であり,物点と像点までの距離も主点から測られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅてん【主点】

おもな箇所。要点。
一つのレンズ系で、像の倍率または横倍率が 1 になる物体と像の位置を表す光軸上の共役点。薄い一枚のレンズでは、レンズの中心に一致する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主点の関連情報