コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主筋 シュウスジ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐すじ〔‐すぢ〕【主筋】

主君または主人の血筋。また、その血筋を引く人。
主君または主人に近い関係にあること。また、その関係にある人。

しゅ‐きん【主筋】

鉄筋コンクリート造りの柱や梁(はり)に入れて、その建物の荷重を負担する鉄筋。主鉄筋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうすじ【主筋】

主君または主人の血筋。また、その血筋をひいている人。主人側。

しゅすじ【主筋】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主筋の関連キーワード酔いどれ草の仲買人亀山藩(丹波国)桜姫全伝曙草紙隅田春妓女容性アーサー王伝説シェークスピア仮名手本忠臣蔵妹背山婦女庭訓蘆屋道満大内鑑児雷也豪傑譚スターラップ町井友之丞大塔宮曦鎧金幣猿島郡女殺油地獄新版歌祭文佐野政言箸尾為量西山物語火山灰地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android