コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主要経済国フォーラム シュヨウケイザイコクフォーラム

2件 の用語解説(主要経済国フォーラムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅようけいざいこく‐フォーラム〔シユエウケイザイコク‐〕【主要経済国フォーラム】

《「エネルギーと気候に関する主要経済国フォーラム」の通称》地球温暖化対策について話し合う多国間会合。前身の主要排出国会議を引き継ぐ形で、2009年に米国大統領オバマ立ち上げた。G8EU、中国、インドブラジルなど温室効果ガスの排出量が多い国が参加する。MEF(Major Economies Forum)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主要経済国フォーラム
しゅようけいざいこくふぉーらむ

地球温暖化対策について話し合うための多国間会合。正式名称は「エネルギーと気候に関する主要経済国フォーラム」Major Economies Forum on Energy and Climate (略称MEF)。
 アメリカのオバマ大統領の提唱により2009年3月に発足した。主要先進国と新興経済国(G8およびEUに、新興経済国の中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国、このほかに韓国、オーストラリア、インドネシアを加えた合計17の国と機関)で構成され、創設目的は、参加メンバー間で気候変動対策に関する議論を促進し、国連の気候変動交渉において成果を得るために政治的リーダーシップを形成することである。アメリカのG・W・ブッシュ政権下で2007年から2008年にかけ開催された「エネルギー安全保障と気候変動に関する主要経済国会議」の枠組みを継承した形だが、同会議は国連における気候変動交渉プロセスに対抗するねらいがあったのに対し、MEFは国連交渉の媒介としての役割が強調されている。しかし、イタリアのラクイラで2009年7月に開催されたMEF首脳会合では、世界全体で2050年までに温室効果ガス排出量を半減させるとの目標が検討されたものの、新興国側の反発が強く合意に至らなかった。また、2009年12月の国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)においても各国の対立が目だった。このように、具体的な排出削減目標についての国際的合意形成は困難な状況である。しかし、MEFは2010年11~12月に開催されたCOP16にむけても議論を重ねるなど、国連以外の場で主要国の意思疎通を図る一定の役割を担っている。[伊藤葉子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主要経済国フォーラムの関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー原子エネルギー熱エネルギー省エネルギーセンター一次エネルギー主要排出国会議世界エネルギーアウトルックエネルギー学吸収エネルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone