コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保天随 くぼ てんずい

6件 の用語解説(久保天随の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久保天随

文学博士。東京生。名は得二。東京大学卒業。台北帝大教授。筑波会所属。宮内省図書編纂官評論。随筆など文壇にも活躍する。昭和9年(1934)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くぼ‐てんずい【久保天随】

[1875~1934]漢学者・漢詩人。東京の生まれ。本名、得二。評論・随筆・新体詩などを広く発表。著「白露集」「秋碧吟廬詩鈔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

久保天随【くぼてんずい】

漢詩人,評論家。本名得二。東京生れ。東大漢文科卒。《帝国文学》その他に評論,紀行,随筆などを書いた。《秋碧吟廬詩鈔》などの漢詩集のほか,《西廂記》など漢籍の評釈書が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保天随 くぼ-てんずい

1875-1934 明治-昭和時代前期の漢文学者。
明治8年7月23日生まれ。大正9年宮内省図書(ずしょ)編修官。「帝国文学」などに寄稿,漢籍の注釈,評論,随筆,漢詩,中国戯曲研究などで知られる。昭和4年台北帝大教授。昭和9年6月1日台北で死去。60歳。東京出身。東京帝大卒。本名は得二。著作に「白露集」「日本儒学史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くぼてんずい【久保天随】

1875~1934) 漢学者。東京生まれ。本名、得二。台北帝大教授。漢籍注釈のほか、漢詩人としても活躍。著「支那文学史」「秋碧吟廬詩鈔」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久保天随
くぼてんずい

[生]1875.7.23. 東京
[没]1934.6.1. 台北
漢学者,詩人。本名は得二。 1899年東京帝国大学漢学科卒業。『帝国文学』その他に評論,随筆を書き,特に中国哲学の立場から高山樗牛のニーチェイズム,美的生活論を批判した。共著による美文集『白露集』 (1899) のほか漢詩,漢文集の評釈を多く書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久保天随の関連キーワード合田平高井計之助津山英吉戸田実西田恒夫西野藤助橋本文雄(1)東園基光松田清一三浦第二郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone