コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国哲学 ちゅうごくてつがくChinese philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国哲学
ちゅうごくてつがく
Chinese philosophy

政治理念と人間の実践倫理 (礼や孝) を中核とする「儒教」と,中国化した「仏教」 (たとえば,禅宗や天台宗浄土宗など) と,古来の神仙思想を宗教化した「道教」とのいわゆる三教が,中国思想を構成する大思潮である。「中国哲学」の名称は,近代になって欧米の哲学の形にならって言いだされたものであり,用語例からみると,儒教あるいは儒教を中国思想の中心と考える見方から構成した哲学史を呼ぶ場合が多い。ところが,儒学 (とりわけ儒教の経学) が欧米でいう「哲学」に相当するか否かを疑問視する学者も出たり,他方,儒教にも仏教,教からの影響が次第にみてとれるようになり,この三教の総合的学際的研究の必要性が知られるようになるに従って,現在では「中国哲学」の名を避けて「中国思想」の名が用いられる傾向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくてつがく【中国哲学 Zhōng guó zhé xué】

中国では文化の担当者が政治家・官吏であったため,学問が現実生活の必要に密着しすぎ,理論としての体系を構成することが不十分であった。哲学もまたその例外ではなく多くの場合,道徳学・政治学の域にとどまることが多かった。
[古代]
 孔子以前の文献としては《詩経》と《書経》があるが,そこには天が人格神・超越神として現れている。孔子はこの天を非人格化し内在化して,これを道とよんだ。それは人間の歩むべき道であり,具体的には仁義礼智を始めとする道徳であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうごくてつがく【中国哲学】

中国の社会と文化が生み出した哲学思想。また、それを研究する学問。先秦時代から現代に至るまでの儒教・道教・仏教・民間宗教・外来思想など、すべての中国思想を包括した呼称。支那哲学。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国哲学
ちゅうごくてつがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中国哲学の関連キーワード小柳 司気太服部 宇之吉島田 虔次加藤虎之亮武内 義雄平岡 武夫福永 光司宇野 哲人高田 真治服部宇之吉加藤 常賢楠本 正継小柳司気太小島 祐馬良知良能民間宗教理一元論性三品説山口察常本田蔭軒

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国哲学の関連情報