コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田広 くぼた ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田広 くぼた-ひろし

1910-1968 昭和時代の応用物理学者。
明治43年12月11日生まれ。昭和9年理化学研究所にはいり,14年母校東京帝大の助教授,22年教授となる。わが国ではじめて位相差顕微鏡を試作。34年光学系の映像に関する研究で学士院賞反射防止膜の製作と理論の研究でも知られる。昭和43年7月10日死去。57歳。東京出身。著作に「応用光学」「波動光学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久保田広の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android