コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久坂葉子 くさか ようこ

2件 の用語解説(久坂葉子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久坂葉子 くさか-ようこ

1931-1952 昭和時代後期の小説家。
昭和6年3月27日生まれ。昭和24年同人誌「VIKING」に参加,富士正晴の指導をうける。25年「ドミノお告げ」で芥川賞候補。昭和27年12月31日,自殺を予告する「幾度目かの最期」をかきあげ,電車にとびこんで死亡した。21歳。兵庫県出身。相愛女子専門学校中退。本名は川崎澄子

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久坂葉子
くさかようこ
(1931―1952)

小説家。神戸市生まれ。本名川崎澄子。神戸山手高等女学校卒業、相愛女専音楽部中退。1949年(昭和24)8月、島尾敏雄(としお)の紹介で同人誌『VIKING』に参加、久坂葉子の名で『入梅』を発表。『ドミノのお告げ』(1950)で芥川(あくたがわ)賞候補となるが、52年大晦日(おおみそか)『幾度目かの最期』を書き上げ自殺。自叙伝的な『灰色の記憶』には死臭が漂い、『華々しき瞬間』からは自虐と鋭い感性を持て余した青春の悲鳴が聞こえる。死後、作品集『女』(1953・人文書院)、富士正晴編『久坂葉子作品集』(1980・構想社)などが刊行された。[尾形明子]
『『久坂葉子作品集・女』『久坂葉子詩集』『久坂葉子の手紙』(ともに1979・六興出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久坂葉子の関連キーワード梶山季之仁木悦子藤原審爾山田克郎川上宗薫折目博子川田功小林美代子咲村観中村昌義

久坂葉子の関連情報