コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久坂葉子 くさか ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久坂葉子 くさか-ようこ

1931-1952 昭和時代後期の小説家。
昭和6年3月27日生まれ。昭和24年同人誌「VIKING」に参加,富士正晴の指導をうける。25年「ドミノお告げ」で芥川賞候補。昭和27年12月31日,自殺を予告する「幾度目かの最期」をかきあげ,電車にとびこんで死亡した。21歳。兵庫県出身。相愛女子専門学校中退。本名は川崎澄子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久坂葉子
くさかようこ
(1931―1952)

小説家。神戸市生まれ。本名川崎澄子。神戸山手高等女学校卒業、相愛女専音楽部中退。1949年(昭和24)8月、島尾敏雄(としお)の紹介で同人誌『VIKING』に参加、久坂葉子の名で『入梅』を発表。『ドミノのお告げ』(1950)で芥川(あくたがわ)賞候補となるが、52年大晦日(おおみそか)『幾度目かの最期』を書き上げ自殺。自叙伝的な『灰色の記憶』には死臭が漂い、『華々しき瞬間』からは自虐と鋭い感性を持て余した青春の悲鳴が聞こえる。死後、作品集『女』(1953・人文書院)、富士正晴編『久坂葉子作品集』(1980・構想社)などが刊行された。[尾形明子]
『『久坂葉子作品集・女』『久坂葉子詩集』『久坂葉子の手紙』(ともに1979・六興出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久坂葉子の関連キーワード富士 正晴久坂 葉子小説家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久坂葉子の関連情報