コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士正晴 ふじ まさはる

3件 の用語解説(富士正晴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士正晴 ふじ-まさはる

1913-1987 昭和時代の詩人,小説家。
大正2年10月30日生まれ。詩人竹内勝太郎に師事。昭和7年野間宏(ひろし),桑原(竹之内)静雄と同人雑誌「三人」を創刊し,詩・小説を発表。22年島尾敏雄らと「VIKING」を創刊。昭和62年7月15日死去。73歳。徳島県出身。第三高等学校中退。本名は正明。著作に小説「贋(にせ)・久坂葉子伝」,評伝「桂春団治」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふじまさはる【富士正晴】

1913~1987) 小説家。徳島県生まれ。本名、正明。三高中退。同人雑誌「VIKING」創刊。独特の文体で、庶民の生命力を描く。「贋・久坂葉子伝」「桂春団治」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士正晴
ふじまさはる
(1913―1987)

詩人、小説家。徳島県出身。第三高等学校中退。在学中より象徴主義の詩人竹内勝太郎に師事。1932年(昭和7)その指導の下に野間宏(のまひろし)、桑原静雄と同人雑誌『三人』を創刊し、詩や評論、小説を書く。第二次世界大戦中は中国大陸に出征し、したたかな民衆の生命力を発見する。戦後は同人誌『VIKING(ヴアイキング)』を主宰。小説の代表作に『贋(にせ)・久坂葉子(くさかようこ)伝』(1956)、『帝国軍隊に於(お)ける学習・序』(1964)、毎日出版文化賞を受けた『桂(かつら)春団治』(1967)、詩集に『富士正晴詩集 1932~1978』(1979)など。自由闊達(かったつ)にして超俗的なその生活ぶりは、流行を追うのに忙しい文壇に対し一服の清涼剤でもあった。画業も余技以上のものがある。[紅野謙介]
『『贋・久坂葉子伝』(1981・六興出版) ▽『富士正晴詩集 1932~1978』(1979・泰流社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士正晴の関連キーワード北の詩人足立巻一菊岡久利黒木清次慶光院芙沙子佐川英三城左門三野混沌森三千代森山啓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富士正晴の関連情報