コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士正晴 ふじ まさはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士正晴 ふじ-まさはる

1913-1987 昭和時代の詩人,小説家。
大正2年10月30日生まれ。詩人竹内勝太郎に師事。昭和7年野間宏(ひろし),桑原(竹之内)静雄と同人雑誌「三人」を創刊し,詩・小説を発表。22年島尾敏雄らと「VIKING」を創刊。昭和62年7月15日死去。73歳。徳島県出身。第三高等学校中退。本名は正明。著作に小説「贋(にせ)・久坂葉子伝」,評伝桂春団治」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじまさはる【富士正晴】

1913~1987) 小説家。徳島県生まれ。本名、正明。三高中退。同人雑誌「VIKING」創刊。独特の文体で、庶民の生命力を描く。「贋・久坂葉子伝」「桂春団治」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士正晴
ふじまさはる
(1913―1987)

詩人、小説家。徳島県出身。第三高等学校中退。在学中より象徴主義の詩人竹内勝太郎に師事。1932年(昭和7)その指導の下に野間宏(のまひろし)、桑原静雄と同人雑誌『三人』を創刊し、詩や評論、小説を書く。第二次世界大戦中は中国大陸に出征し、したたかな民衆の生命力を発見する。戦後は同人誌『VIKING(ヴアイキング)』を主宰。小説の代表作に『贋(にせ)・久坂葉子(くさかようこ)伝』(1956)、『帝国軍隊に於(お)ける学習・序』(1964)、毎日出版文化賞を受けた『桂(かつら)春団治』(1967)、詩集に『富士正晴詩集 1932~1978』(1979)など。自由闊達(かったつ)にして超俗的なその生活ぶりは、流行を追うのに忙しい文壇に対し一服の清涼剤でもあった。画業も余技以上のものがある。[紅野謙介]
『『贋・久坂葉子伝』(1981・六興出版) ▽『富士正晴詩集 1932~1978』(1979・泰流社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

富士正晴の関連キーワード桂 春団治(初代)大河内伝次郎竹内 勝太郎富士 正晴久坂 葉子伊東静雄昭和時代生命力隠者文体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富士正晴の関連情報