コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松真一 ひさまつ しんいち

美術人名辞典の解説

久松真一

宗教哲学者・文学博士岐阜県生。号は抱石。西田幾多郎師事し、鈴木大拙の影響を受け、思想の根本に参入する。現代哲学界の泰斗として活躍。京大教授・京美大教授・ハーバード大学客員教授等を歴任。『禅と美術』『東洋的無』等著作多数。昭和55年(1980)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

久松真一

岐阜市出身の禅思想家。三高から京都帝国大哲学科に進み、西田幾多郎に師事。京大教授などを歴任した。西田の薦めで京都の妙心寺に参禅したことをきっかけに、独自の禅哲学を切り開き、「形なき自己に目覚め、全人類の立場に立ち、歴史を越えて歴史を創(つく)ろう」と主張する学道道場(後のFAS協会)を主宰。著書に「東洋的無」「人類の誓い」など。

(2007-09-14 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松真一 ひさまつ-しんいち

1889-1980 大正-昭和時代の宗教哲学者。
明治22年6月5日生まれ。西田幾多郎に師事し,妙心寺で禅の修行をする。臨済(りんざい)宗大(現花園大),竜谷大の教授をへて,昭和21年母校京都帝大の教授。のち京都市立美大教授。禅文化の哲学的研究で知られた。昭和55年2月27日死去。90歳。岐阜県出身。旧姓は大野。号は抱石庵。著作に「東洋的無」「禅と美術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久松真一
ひさまつしんいち
(1889―1980)

宗教哲学者。号は抱石庵(ほうせきあん)。近代後の生き方を探究するFAS協会の創立者。岐阜市に生まれ、浄土真宗の信仰にはぐくまれたが、その信仰に疑いをもつ。しかし京都帝国大学で西田幾多郎(にしだきたろう)の宗教学概論の講義に感銘を受け、西田の紹介により妙心寺僧堂師家池上湘山(いけがみしょうざん)(1856―1928)のもとで禅の修行に励む。ポスト・モダニストとして、中世の神律、近代の自律を批判し、無相の自己に目覚めることを説く。臨済宗(りんざいしゅう)大(現、花園大学)、龍谷(りゅうこく)大、京大などの各大学教授を歴任。著書は『東洋的無』(1939)、『絶対主体道』(1948)、八木誠一(1932― )との対談『覚(かく)の宗教』(1980)など。[原島 正]
『『久松真一著作集』8巻(1969~1980・理想社/増補版、9巻、別巻1・1994~1996・法蔵館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久松真一の関連キーワード市川 白弦久松 真一昭和時代延原舞64

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android