乙羽 信子(読み)オトワ ノブコ

20世紀日本人名事典の解説

乙羽 信子
オトワ ノブコ

昭和・平成期の女優



生年
大正13(1924)年10月1日

没年
平成6(1994)年12月22日

出生地
鳥取県西伯郡米子町(現・米子市)

本名
新藤 信子

旧姓(旧名)
加治

学歴〔年〕
宝塚音楽歌劇学校〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
ブルーリボン賞女優主演賞(昭28年度)「縮図」「欲望」,芸術祭奨励賞〔昭和37年〕「死ぬほど逢いたい」(テレビ),ブルーリボン賞女優助演賞(昭41年度)「本能」,毎日映画コンクール女優主演賞(昭43年度)「藪の中の黒猫」,モンテカルロ国際テレビ・フェスティバル最優秀女優賞,ベネツィア国際映画祭最優秀女優賞〔昭和54年〕「絞殺」,菊田一夫演劇賞(第14回)〔平成1年〕,紫綬褒章〔平成1年〕,毎日映画コンクール女優助演賞(平4年度)〔平成5年〕「〓東綺譚」,日刊スポーツ映画大賞特別賞(第8回)〔平成7年〕,エランドール賞(特別賞 平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,毎日映画コンクール特別賞(第50回 平7年度)〔平成8年〕,キネマ旬報ベストテン助演女優賞(平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,日本アカデミー賞助演女優賞(第19回)〔平成8年〕「午後の遺言状」

経歴
昭和14年宝塚歌劇団入団。娘役トップスターとなるが、25年退団し、大映入り。“百万ドルのえくぼ”で清純派として売り出し、26年新藤兼人の第一回監督作品「愛妻物語」で好評を博す。27年「原爆の子」に出演の後、大映を退社して近代映画協会に参加。以後新藤監督とは公私両面にわたって結びつき、「縮図」「裸の島」「本能」「藪の中の黒猫」「竹山ひとり旅」など、演技派女優として数々の汚れ役に挑んできた。53年同監督と正式に結婚。54年「絞殺」でベネツィア国際映画祭最優秀女優賞受賞。舞台やテレビにも多数出演。「捨てたエクボ―乙羽信子のどろんこ半生記」の著書もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

乙羽 信子
オトワ ノブコ


職業
女優

本名
新藤 信子

旧名・旧姓
加治

生年月日
大正13年 10月1日

出生地
鳥取県 西伯郡米子町(米子市)

学歴
宝塚音楽歌劇学校〔昭和14年〕卒

経歴
昭和14年宝塚歌劇団入団。娘役トップスターとなるが、25年退団し、大映入り。“百万ドルのえくぼ”で清純派として売り出し、26年新藤兼人の第一回監督作品「愛妻物語」で好評を博す。27年「原爆の子」に出演の後、大映を退社して近代映画協会に参加。以後新藤監督とは公私両面にわたって結びつき、「縮図」「裸の島」「本能」「藪の中の黒猫」「竹山ひとり旅」など、演技派女優として数々の汚れ役に挑んできた。53年同監督と正式に結婚。54年「絞殺」でベネツィア国際映画祭最優秀女優賞受賞。舞台やテレビにも多数出演。「捨てたエクボ―乙羽信子のどろんこ半生記」の著書もある。

受賞
紫綬褒章〔平成1年〕 ブルーリボン賞女優主演賞(昭28年度)「縮図」「欲望」,芸術祭奨励賞〔昭和37年〕「死ぬほど逢いたい」(テレビ),ブルーリボン賞女優助演賞(昭41年度)「本能」,モンテカルロ国際テレビ・フェスティバル最優秀女優賞,ベネツィア国際映画祭最優秀女優賞〔昭和54年〕「絞殺」,菊田一夫演劇賞(第14回)〔平成1年〕,日刊スポーツ映画大賞特別賞(第8回)〔平成7年〕,エランドール賞(特別賞 平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,キネマ旬報ベストテン助演女優賞(平7年度)〔平成8年〕「午後の遺言状」,日本アカデミー賞助演女優賞(第19回)〔平成8年〕「午後の遺言状」 毎日映画コンクール女優主演賞(昭43年度)「藪の中の黒猫」,毎日映画コンクール女優助演賞(平4年度)〔平成5年〕「濹東綺譚」,毎日映画コンクール特別賞(第50回 平7年度)〔平成8年〕

没年月日
平成6年 12月22日 (1994年)

家族
夫=新藤 兼人(映画監督)

伝記
生きているかぎり―私の履歴書ながい二人の道―乙羽信子とともに午後の遺言状うわっ、八十歳青春のモノクローム日本の女優50人―素顔とことば講座 日本映画〈6〉 日本映画の模索とっておき十話〈第3集〉ふたりの居る場所 新藤 兼人 著新藤 兼人 著新藤 兼人 著新藤 兼人 著新藤 兼人 著菅野 拓也 著今村 昌平,佐藤 忠男,新藤 兼人,鶴見 俊輔,山田 洋次 編乙羽 信子 ほか著新藤 兼人,乙羽 信子 著(発行元 日本経済新聞出版社東京新聞出版局岩波書店講談社朝日新聞社新潮社岩波書店新日本出版社香匠庵 ’08’96’95’93’88’88’87’87’86発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

乙羽 信子 (おとわ のぶこ)

生年月日:1924年10月1日
昭和時代;平成時代の女優
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙羽 信子の関連情報