コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八神 はっしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八神
はっしん

天皇の身を守護するため宮中に祀られる8柱の神々。カミムスビノカミ,タカミムスビノカミ,タマツメムスビノカミ,イクムスビノカミ,タルムスビノカミ,オオミヤノメノカミ,ミケツノカミ,コトシロヌシノカミの8神。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっ‐しん【八神】

天皇の守護神として宮中の神殿に祭る八柱の神。神産日(かみむすひ)・高御産日(たかみむすひ)・玉積産日(たまづめむすひ)・生産日(いくむすひ)・足産日(たるむすひ)・大宮売(おおみやのめ)・御食津(みけつ)・事代主(ことしろぬし)の神々。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっしん【八神】

天皇の守護神として宮中の神殿にまつられる八柱の神。すなわち、神産日神かみむすひのかみ・高御産日神たかみむすひのかみ・玉積産日神たまつめむすひのかみ・生産日神いくむすひのかみ・足産日神たるむすひのかみ・大宮売神おおみやのめのかみ・御食津神みけつかみ・事代主神ことしろぬしのかみの称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八神
はっしん

現在皇居内の神殿に天神地祇(てんじんちぎ)とともに祀(まつ)られている神産日神(かみむすびのかみ)、高御(たかみ)産日神、玉積(たまつめ)産日神、生(いく)産日神、足(たる)産日神、大宮売神(おおみやめのかみ)、御食津(みけつ)神、事代主(ことしろぬし)神をさし、古来天皇守護の神々とされる。もとは神祇官八神殿に祀られていたが、1872年(明治5)宮中に遷座された。この八神奉斎の起源は『日本書紀』にある天孫降臨の段で高御産神(たかみむすびのかみ)が天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)のために天津神籬(あまつひもろぎ)・天津磐境(いわさか)を起(た)てて斎(いわ)い奉るとの神勅を下したことによるという。また、同書によれば、神武(じんむ)天皇の即位に際して天皇はこの神勅に従って八神を祀る神籬を建てたとされ、のちに神祇官が成立した際にこれら八神を奉斎して、天皇守護の神々とした。『延喜式(えんぎしき)』によれば八神は神祇官西院にあり、御巫(みこ)が奉仕して、祈年(としごい)・月次(つきなみ)・新嘗(にいなめ)の各祭の官幣にあずかった。[阪本 栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八神の関連キーワードラブ・シュープリーム~至上の愛~岐阜県羽島市桑原町八神NATURALLYDEAR BOYS天之久比奢母智神ピンクレーサーさくら隊散る吉備津神社大国魂神社大御膳都神八神みゆき長田一比呂来栖あつこ天竜八部衆十八神道インドラ大山祇神八神徳幸川北冬樹伯家神道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八神の関連情報