九字(読み)くじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九字
くじ

臨,兵,闘,者,皆,陣,列,在,前の9個の字をいい,一種の呪句で,これを称えつつ縦4本,横5本の線を空中に描けば,災いが除かれ幸福を得るという。中国道家から移入されたもので,修験道密教でも用いられる。「九字を切る」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

く‐じ【九字】

9個の文字。
修験者などが、災害を払う護身のまじないとして唱えた9文字の文句。「臨兵(りんぴょう)闘者皆陣列在前」と呪(じゅ)を唱え、指で空中に縦4本、横5本の線をかく。中国の道家で行われていたものが、日本の陰陽道や仏教の密教に伝わったもの。九字の印

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじ【九字】

護身の秘術として唱える「臨兵闘者皆陣列在前」の九文字からなる呪文。また、これを唱えて指先で縦に四線、横に五線を空中に描く修法。すべての災いを除き、その身をまもるという。道家に起こり、陰陽家や密教の僧・修験者に広がった。九字の印。九字の法。
[句項目] 九字を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐じ【九字】

〘名〙 仏語。
① 「臨、兵、闘、者、皆、陣(陳)、列、在、前」の九つの文字から成る呪文。葛洪の「抱朴子‐内篇四」に出る「臨兵闘者皆陳列前行」の九文字に由来する。元来、山にはいるときの魔よけの密呪とされたが、密教や修験道(しゅげんどう)にとり入れられて、一切の禍を除く護身呪とみなされた。〔往生論註‐下〕
② ①の呪文を唱えながら空中に指先でえがくかたち。縦四本、横五本の線から成る符字をいう。こうすることにより禍いを避けられるとする道教の信仰に由来するもの。日本では仏教のうち、特に密教に取り入れられた。九字の紋。〔和漢三才図会(1712)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九字の関連情報