コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九字 くじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九字
くじ

臨,兵,闘,者,皆,陣,列,在,前の9個の字をいい,一種の呪句で,これを称えつつ縦4本,横5本の線を空中に描けば,災いが除かれ幸福を得るという。中国道家から移入されたもので,修験道密教でも用いられる。「九字を切る」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

く‐じ【九字】

9個の文字。
修験者などが、災害を払う護身のまじないとして唱えた9文字の文句。「臨兵(りんぴょう)闘者皆陣列在前」と呪(じゅ)を唱え、指で空中に縦4本、横5本の線をかく。中国の道家で行われていたものが、日本の陰陽道や仏教の密教に伝わったもの。九字の印

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじ【九字】

護身の秘術として唱える「臨兵闘者皆陣列在前」の九文字からなる呪文。また、これを唱えて指先で縦に四線、横に五線を空中に描く修法。すべての災いを除き、その身をまもるという。道家に起こり、陰陽家や密教の僧・修験者に広がった。九字の印。九字の法。
[句項目] 九字を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

九字の関連キーワード中村 鶴蔵(2代目)南無阿弥陀仏九字護身法六字名号九字名号蘆屋道満隠し念仏火渡りイオタ切る忍術アイエスタウ覚鑁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九字の関連情報