コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九辺鎮 きゅうへんちんJiu-bian-zhen; Chiupien-chên

1件 の用語解説(九辺鎮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九辺鎮
きゅうへんちん
Jiu-bian-zhen; Chiupien-chên

中国,明代に北方民族のモンゴル人,満州人 (女真) の侵入を防ぐため,長城地帯に設けられた要塞都市ならびにその管区。遼東 (遼陽) ,薊 (けい) 州,宣府,大同,偏頭,楡林 (ゆりん) ,寧夏,甘粛 (甘州) ,固原の九鎮で,これらは 15世紀なかばの土木の変以後に建直され,明朝の北辺防衛体制の中心をなした。各辺鎮には,それぞれ鎮守総兵官の指揮下に数千から数万に上る騎兵,歩兵部隊が常駐した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の九辺鎮の言及

【万里の長城】より

…こうして今日に残る長城がほぼ完成したのが,16世紀末のことであった(図)。 明は長城を北防の第一線として膨大な駐屯軍を配備し,区域を分けて防衛を担当させたが,これを九辺鎮と称する。明代には長城を辺牆とよんだが,北辺の辺牆のほかに,遼東辺牆とよばれるものがあり,山海関から東へ進み,遼寧省瀋陽・開原付近に及び,南下して鴨緑江岸に達していた。…

【明】より

…モンゴル高原では,内部対立があってエセンが殺され,オイラート部に代わってタタール部が勢力を伸張し,天順以降しばしば明の北辺に侵入した。これに対して明は万里の長城を修築し,九辺鎮とよばれる守備隊を整備するなど,もっぱら防衛を事とした。今日残っている長城は,ほとんどこの時代に修築されたものといわれる。…

※「九辺鎮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone