コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九通 きゅうつうJiu-tong; Chiu-t`ung

4件 の用語解説(九通の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九通
きゅうつう
Jiu-tong; Chiu-t`ung

中国,歴代の政治制度を記述した9つの書の総称。唐の杜佑撰の『通典』,宋の鄭樵撰の『通志』,元の馬端臨撰の『文献通考』の三通と,清代編纂の『欽定続通典』『欽定続通志』『欽定続文献通考』の続三通ならびに同じく清代編纂の『欽定皇朝通典』『欽定皇朝通志』『欽定皇朝文献通考』の皇朝三通から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐つう〔キウ‐〕【九通】

中国の歴代の制度の沿革を記した9種の書。全2388巻。「通典(つてん)」「通志」「文献通考」「続文献通考」「皇朝文献通考」「続通典」「皇朝通典」「続通志」「皇朝通志」を総称していう。の乾隆年間(1736~1795)に成立。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうつう【九通 jiǔ tōng】

中国,書名に通の字を持つ9種類の制度中心の百科全書集。唐の杜佑(とゆう)の《通典(つてん)》,宋の鄭樵の《通志》,元の馬端臨の《文献通考》は,性格は違うが歴代の制度沿革を知るに有用な書で三通と呼ばれてきた。清の乾隆帝は1747年(乾隆12),67年にそれぞれ〈皇朝〉と〈欽定続〉の名を冠した《文献通考》《通典》《通志》6種を勅撰,これらが一括して九通といわれるが,実録,会典などにくらべ,二次史料的でかつ膨大なため,あまり使われない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうつう【九通】

中国歴代の政書9種の総称。二三八八巻。清代の乾隆年間(1736~1795)に成立。「通典つてん」「通志」「文献通考ぶんけんつこう」の三通に、清代に編纂された「続通典」「続通志」「続文献通考」「皇朝通典」「皇朝通志」「皇朝文献通考」を合わせたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九通の関連情報