コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳児栄養障害 にゅうじえいようしょうがいmalnutritional disease of the suckling

2件 の用語解説(乳児栄養障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳児栄養障害
にゅうじえいようしょうがい
malnutritional disease of the suckling

急性のものと慢性のものとに分けられる。前者には下痢や嘔吐を起させる急性消化不良症と,それに続く消化不良性中毒症があり,後者には栄養失調症と,栄養失調症のさらに進んだ消耗症がある。脱水症状に対する救急的処置が優先するが,保育的な長期看護も重要である。なお最近は,栄養障害の概念が広がり,栄養過剰による肥満症まで含めて考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうじえいようしょうがい【乳児栄養障害 Die Ernährungsstörungen des Säuglings[ドイツ]】

乳児疾患の一つで,かつての小児科学で重要課題であった。乳児では,下痢や嘔吐が続くと,摂取された栄養分の体内蓄積が行われなくなり,体重増加がとまり,やせてくる。またミルクも飲まなくなって栄養の摂取量そのものも減り,ますます体重が減少し,栄養状態も悪化する。そして栄養代謝が障害されていろいろな症状があらわれる。19世紀の終りころまで乳児の下痢症は非常に多く,下痢を起こすとなかなか治らず,栄養状態も悪くなるので,ドイツ小児科医チェルニーAdalbert Czerny(1863‐1941)は,乳児の下痢症と栄養不良とは互いに原因となり結果となるものとして,それを包括して乳児栄養障害という概念を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone