コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房予防切除 にゅうぼうよぼうせつじょ

1件 の用語解説(乳房予防切除の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

乳房予防切除

遺伝子検査で将来乳がんにかかりやすいことが判明した場合に、未発症の乳房をがん発症予防のために切除すること。女優のアンジェリーナ・ジョリーがこの手術を受けたことを、2012年5月に公表したことから、日本でも関心が高まり、聖路加国際病院とがん研有明病院で、取り組む準備が整ったことが明らかにされた。
乳がんのうち5~10%は遺伝性とみられており、これに関連するのがBRCA1、BRCA2という二つの遺伝子の変異であることが分かっている。血液検査でこの二つの遺伝子の変異が調べられるようになった1990年代後半からアメリカで乳房を予防的に切除する手術が始まった。BRCA1またはBRCA2の変異は卵巣がんの発症にも関与するため、予防切除を行う場合は乳房と併せて卵巣と卵管も取り除くことが多い。乳房を予防的に切除することで、乳がん発症率は10%以下に下がるとされ、2008年には遺伝性乳がんにおける予防治療の一つとしてNCCN(National Comprehensive Cancer Network:アメリカの21のがんセンターが集まった組織)のガイドラインにも収載された。
日本では06年からBRCA1、BRCA2の検査が受けられるようになったが、健康保険は適用されない。母や姉妹など近親者に卵巣がん、卵管がん、乳がんの患者がいること等が検査を受ける条件となっているほか、事前事後を通じたカウンセリングや定期検診の実施など、重い決断を迫られる患者のサポート態勢が整っていることも重要である。
なお、健康な臓器を予防切除する先行例として、家族性大腸腺腫症(FAP)がある。これは関与するAPC遺伝子に変異があるとほぼ100%大腸がんを発症することもあり、20歳になる前に発症前の大腸を全て摘出するのが現在、日本でも標準治療とされている。

(石川れい子  ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone