コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾叟禅亨 けんそう ぜんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾叟禅亨 けんそう-ぜんこう

?-1506 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。月江正文(げっこう-しょうぶん),一州正伊(しょうい)らに師事。のち美濃(みの)(岐阜県)竜泰寺の絶方祖奝(そちょう)の法をつぐ。竜泰寺,信濃(しなの)(長野県)大沢寺の住持をつとめた。永正(えいしょう)3年(一説に6年)10月14日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

乾叟禅亨の関連キーワード戦国時代大質祖圭曹洞

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android