コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾叟禅亨 けんそう ぜんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾叟禅亨 けんそう-ぜんこう

?-1506 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。月江正文(げっこう-しょうぶん),一州正伊(しょうい)らに師事。のち美濃(みの)(岐阜県)竜泰寺の絶方祖奝(そちょう)の法をつぐ。竜泰寺,信濃(しなの)(長野県)大沢寺の住持をつとめた。永正(えいしょう)3年(一説に6年)10月14日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

乾叟禅亨の関連キーワード戦国時代大質祖圭曹洞

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android