コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井氏 かめいし

美術人名辞典の解説

亀井氏

石見津和野藩士。本姓宇多源氏と称し佐々木流(一に鈴木流)といい、初め出雲豪族。初代重清は源義経に従い、その子盛清の時、亀井氏を称する。茲方の子茲監は国事に奔走し、その子茲明の時華族に列して子爵を授けられ、のち伯爵となった。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かめいうじ【亀井氏】

近世大名。もと紀伊の神官,豪族。初め鈴木を名のったが,六郎重清のとき,源義経に従い,その子盛清は紀伊亀井に住んで氏としたという。戦国期に出雲に移り尼子氏家臣となる。秀綱に男子なく,出雲の豪族湯茲矩(これのり)が亀井家を継ぎ,尼子氏滅亡後は織田信長,豊臣秀吉に仕えて因幡鹿野城主。関ヶ原の戦では東軍に属し,3万8000石に加増。1617年(元和3)その子政矩のとき,石見津和野に移封(4万3000石)。維新後,子爵。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀井氏
かめいうじ

近世の大名家。はじめ紀伊国の豪族で、紀伊国亀井に居住したことから亀井を名乗り、戦国期に出雲(いずも)へ移ったという。尼子(あまご)氏の家臣であったが、子孫が絶え、出雲の豪族湯(ゆ)氏の新十郎茲矩(これのり)が跡を継いだ。亀井茲矩は山中鹿介幸盛(しかのすけゆきもり)、ついで羽柴(はしば)秀吉に属し、1581年(天正9)因幡国(いなばのくに)鹿野(しかの)城主(1万3800石)となる。関ヶ原の戦では東軍に属して3万8000石に加増された。1617年(元和3)茲矩の子政矩のときに石見国(いわみのくに)津和野(つわの)藩へ転封(てんぽう)され、4万3000石。そのまま明治に至った。[小島道裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

亀井氏の関連キーワード島根県鹿足郡津和野町鹿野(鳥取県)津和野[町]津和野(町)鹿野[町]登録記念物鳥取(県)島根(県)鳥取(市)青谷[町]津和野城跡津和野町津和野城亀井茲矩山中幸盛森鴎外石見国因幡国鹿野藩夏泊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀井氏の関連情報