コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀甲石 きっこうせき septaria

3件 の用語解説(亀甲石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀甲石
きっこうせき
septaria

泥質の球状団塊の表面に多角形の裂け目ができ,方解石などの鉱物で充填された石。亀の甲に似るのでこの名がある。泥岩中のノジュール (団塊) のコロイド物質が乾燥収縮して,乾裂が鉱物に充填されたものとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きっこうせき【亀甲石 septaria】

観賞石(奇石)の一種。楕円形で扁平な石の表面に多角形の亀裂を発達させ,亀甲状の模様を呈する岩塊。直径が数十cmから数mのものまである。群馬県多野郡上野村の亀甲石産地は天然記念物に指定されている。これは泥岩,ケツ岩の堆積岩層に岩塊として産出し,団塊の一種で,石灰質泥が脱水・収縮するときに生じた亀裂に方解石などが沈殿してできるものといわれる。【小林 巌雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀甲石
きっこうせき
septaria

(ぎ)化石の一種。石灰岩質の細粒岩(泥岩や頁(けつ)岩)が続成作用を受けたために、石灰岩質の団塊を生ずることがある。楕円(だえん)体形の団塊の表面に亀(かめ)の甲状の多角形の割れ目ができて、割れ目に沿って炭酸石灰が沈殿して方解石の細脈が生じたものを亀甲石(セプタリア)という。割れ目には炭酸石灰のほか、まれに石膏(せっこう)、黄鉄鉱、重晶石などが沈殿することもある。日本では北海道夕張地方の中生代白亜系や、新潟県の新生代第三紀中新統の地層に多くみられる。[大森昌衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の亀甲石の言及

【擬化石】より

…ドイツではこの模様を活用して,商品名ゾルンホーフェン石の名で装飾用石材として販売されている。また亀甲石と呼ばれるものは,特定の形をした節理にもとづく表面の模様が亀の甲に似ている泥灰岩(マール)などである場合が多い。菊花石と呼ばれる奇石の一種には,形が菊の花に似ており,なんらかの化石の断面を想像させるものがあるが,これはアラゴナイト(アラレ石)という鉱物が放射状に集合したもので化石とは無関係である。…

※「亀甲石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

亀甲石の関連キーワード骨細胞奇石唐綿平棗ラメラ阿亀蟋蟀広楕円形楕円形長椿象扁率

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone