コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀谷哲治 かめたに てつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀谷哲治 かめたに-てつじ

1917-1988 昭和時代の薬学者。
大正6年8月1日生まれ。昭和34年東北大教授。のち星薬大学長。モルヒネの人工合成,抗生物質チエナマイシンや鎮痛剤ペンタゾシンの合成など,合成化学の分野で業績をあげる。55年学士院賞。日本薬学会会頭。昭和63年10月11日死去。71歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「有機合成工業」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀谷哲治
かめたにてつじ
(1917―1988)

薬学者。東京生まれ。東京帝国大学薬学科卒業。薬学博士。大阪大学助教授を経て、イスラエル大学教授ギンスブルクのもとに留学。1959年(昭和34)東北大学教授に就任、薬品製造学講座を創設し、有用医薬品創製目的の天然物の有機合成化学研究に力を注ぐ。1969年「複素環化合物の合成研究」で日本薬学会賞を受賞。ついでアルカロイド、テルペン、生理活性ステロイドの全合成へ研究は発展した。1976年薬学部長。1979年紫綬(しじゅ)褒章、1980年藤原賞受賞。同年「レトロマススペクトルによる天然物の全合成」により日本学士院賞受賞。日本学術会議会員。星薬科大学学長、日本薬学会会頭などを歴任。著書に『有機薬品製造学』上下(1965)、『有機合成化学』(1974)ほかがある。[根本曽代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

亀谷哲治の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android