二十五有(読み)にじゅうごう

精選版 日本国語大辞典「二十五有」の解説

にじゅうご‐う ニジフ‥【二十五有】

〘名〙 (「」は有情としての生存の) 仏語衆生が流転輪廻(りんね)する生死の三界、すなわち欲界色界無色界を二五種に分けたもの。欲界に四悪趣と須彌山をめぐる四洲および六欲天の一四、色界に四禅天と大梵天・無想天・五浄居天の七、無色界に四天の総称。
※康頼宝物集(1179頃)中「身を二十五に散じて二十五有に住して、二十五有を救ひ」 〔北本涅槃経‐二五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二十五有」の解説

にじゅうご‐う〔ニジフゴ‐〕【二十五有】

仏語。25種の有情としての存在の意。三界さんがいを25に分けたもの。欲界に14、色界に7、無色界に4ある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android