コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二尊 ニソン

デジタル大辞泉の解説

に‐そん【二尊】

浄土教で、釈迦(しゃか)仏と阿弥陀仏。また、過去仏である釈迦と当来仏である弥勒(みろく)。
阿弥陀三尊のうち、観音勢至の二菩薩(ぼさつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

二尊

釈迦(しゃか)、阿弥陀(あみだ)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

にそん【二尊】

伊弉諾尊いざなきのみことと伊弉冉尊いざなみのみこととの称。二神。
〘仏〙
釈迦と阿弥陀。
三尊のうちの脇侍きようじの二菩薩。観音と勢至。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二尊の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町山口県長門市油谷向津具下素戔嗚尊・須佐之男命ヴァイセンベルク効果二・児・尼・弐・貳瑞龍寺(滋賀県)勧修寺教秀の娘地獄谷石窟仏般舟三昧院大慈光院宮羽生田寂純大内 青圃木下 寂善阿弥陀三尊中川 信夫仏教の公伝伊藤仁斎阿弥陀仏石川精舎角倉了以

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二尊の関連情報