コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀三尊 アミダサンゾン

大辞林 第三版の解説

あみださんぞん【阿弥陀三尊】

阿弥陀仏と、その左右に脇侍きようじする左の観音と右の勢至の二菩薩。弥陀三尊。三尊の弥陀。
阿弥陀三尊の仏像。阿弥陀三尊像。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿弥陀三尊
あみださんぞん

阿弥陀仏を中尊として、観音(かんのん)、勢至(せいし)の2菩薩(ぼさつ)を左右の脇侍(わきじ)とする様式。[江口正尊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿弥陀三尊の関連キーワード山越阿弥陀(やまごえのあみだ)神奈川県横浜市栄区上郷町神奈川県茅ヶ崎市西久保神奈川県鎌倉市十二所山形県南陽市松沢燕岐地方石仏碑像善光寺式三尊像下鳥渡供養石塔南河原石塔婆阿弥陀来迎図山越阿弥陀図橘夫人厨子来迎の三尊浄土教美術快円(2)宗慶(1)智光曼荼羅大谷磨崖仏大谷の石仏泉沢石仏

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿弥陀三尊の関連情報