コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二月堂良弁杉の由来 にがつどうろうべんすぎのゆらい

世界大百科事典 第2版の解説

にがつどうろうべんすぎのゆらい【二月堂良弁杉の由来】

人形浄瑠璃。4段。作曲豊沢団平。作詞加古千賀(団平の妻)。1887年2月大阪彦六座初演。菅原の臣水無瀬(みなせ)の妻渚の方(なぎさのかた)は,夫の死後愛育していた光丸を鷲にさらわれ,行方を求めて諸国をさまよう。あるとき二月堂境内の杉の大木に,30年前鷲にさらわれた愛児を捜していると貼紙をする。その貼紙を,参詣に来た東大寺の良弁上人が見て,かつて自分が鷲から落ちて,その杉の枝にかかっていたのを救われたという師の話を思い起こし,驚いて貼紙の主をたずねたところ,現れたのは年老いて女乞食に落ちぶれた渚の方であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二月堂良弁杉の由来
にがつどうろうべんすぎのゆらい

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。時代物。加古千賀(かこちが)作詞、豊沢団平(とよざわだんぺい)作曲。一説に某文士の作を団平の妻千賀が加筆したという。通称「良弁杉」「二月堂」。1887年(明治20)2月、『三拾三所花野山(さんじゅうさんしょはなのやま)』の一段として大阪・彦六(ひころく)座初演。菅原(すがわら)の臣水無瀬(みなせ)の後室渚(なぎさ)の方は茶摘み見物のとき愛児光丸を鷲(わし)にさらわれ、狂気して諸国を流浪。30年後、東大寺の良弁上人(しょうにん)は二月堂の杉の大木にわが子を探す貼紙(はりがみ)を見て、その主を尋ねると、年老いた女乞食(こじき)が現れ、話の内容と証拠の品から、女乞食は渚の方、良弁こそ光丸とわかり、母子は涙の対面をする。明治期新作浄瑠璃の佳作として現代でも文楽(ぶんらく)・歌舞伎(かぶき)の両方で上演されている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二月堂良弁杉の由来の関連キーワード人形浄瑠璃良弁杉

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android