コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊沢団平 トヨザワダンペイ

百科事典マイペディアの解説

豊沢団平【とよざわだんぺい】

義太夫節三味線演奏家の芸名。3世まである。初世は2世豊沢広助の幼名。2世〔1827-1898〕は本名加古仁兵衛。加古川の生れ。竹本摂津大掾,3世竹本大隅太夫の三味線をひき,近世邦楽界の名人といわれた。
→関連項目壺坂霊験記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよざわだんぺい【豊沢団平】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世 2世豊沢広助が1812年(文化9)に名のった名前。(2)2世(1828‐98∥文政11‐明治31) 本名加古仁兵衛。播州加古川の生れ。3世豊沢広助の門弟。通称清水町。豊沢力松,同丑之助を経て,1844年(弘化1)に2世を継ぐ。65年(慶応1)には文楽の芝居で早くも三味線筆頭となり,83年には文楽座の三味線紋下,そして翌年には彦六座へ移り,没時にいたるまで紋下を勤めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とよざわだんぺい【豊沢団平】

1828~1898) (二世)義太夫節の三味線方。兵庫県加古川生まれ。竹本千賀太夫の養子。三世豊沢広助の門弟。竹本摂津大掾・竹本大隅太夫を養成。廃曲を復活し、「壺坂」「良弁杉ろうべんすぎ」などの新作を作曲。明治期の代表的名人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊沢団平
とよざわだんぺい

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。[倉田喜弘]

2世

(1828―98)本名加古仁兵衛。播州(ばんしゅう)(兵庫県)加古川生まれ。竹本千賀太夫の養子となり、1839年(天保10)3世豊沢広助(ひろすけ)に入門。力松、丑之助を経て、1844年(弘化1)2世広助の幼名を継いで団平となった。以来、3世竹本長門太夫(ながとだゆう)や5世竹本春太夫を弾き、また2世竹本越路太夫(こしじだゆう)(後の竹本摂津大掾(せっつのだいじょう))や3世竹本大隅太夫(おおすみだゆう)の三味線を弾き、明治文楽(ぶんらく)界を隆盛に導く大きな存在となった。『壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)』『良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)』『勧進帳(かんじんちょう)』など作曲も多い。明治31年4月1日、『花上野誉石碑(はなのうえのほまれのいしぶみ)』「志渡寺(しどうじ)」の段の舞台で脳溢血(のういっけつ)をおこし、没した。[倉田喜弘]

3世

(1858―1921)2世の門弟。本名植畑九市。前名は4世豊沢仙左衛門(せんざえもん)。1907年(明治40)に襲名。じみな芸風ながら間拍子(まびょうし)がよく、堀江座や近松座へ出演したのち、晩年は東京へ移った。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

豊沢団平の関連キーワード壺坂霊験記・壷坂霊験記豊竹 嶋太夫(6代目)豊沢 松太郎(1代目)豊沢新左衛門(初代)竹本長門太夫(3代)鶴沢 道八(1代目)竹本大隅太夫(3代)豊沢 広助(5代目)竹本 東玉(1代目)豊沢 広助(7代目)鶴沢 寛治(6代目)竹本長門太夫(3世)竹本大隅太夫(3世)豊沢 松太郎(初代)竹本住太夫(4世)鶴沢 道八(初代)二月堂良弁杉の由来竹本 東玉(初代)吉田 玉造(初代)豊沢広助(5代)

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android