コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条院讃岐 にじょういんさぬき

4件 の用語解説(二条院讃岐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二条院讃岐
にじょういんさぬき

[生]永治1(1141)頃
[没]建保5(1217)頃
平安時代後期の女流歌人。源頼政の娘。若いときから二条天皇に出仕し,永万1 (1165) 年天皇崩御後は藤原重頼と結婚,建久以後に後鳥羽天皇中宮任子 (にんし) に再出仕したが,そののち出家。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条院讃岐 にじょういんの-さぬき

?-? 平安後期-鎌倉時代の歌人。
源頼政の娘。二条天皇につかえた。のち藤原重頼の妻。「我が袖(そで)は汐干(しほひ)に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾くまもなし」(「小倉百人一首」)により沖の石の讃岐ともよばれる。歌は「千載和歌集」「新古今和歌集」などにある。建保(けんぽ)5年(1217)ごろ,77,78歳ほどで死去。家集に「二条院讃岐集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

二条院讃岐

没年:建保5頃(1217)
生年:永治1頃(1141)
平安時代末,鎌倉時代初頭の女房歌人。父は摂津源氏の右京権大夫頼政,母は源斉頼の孫。初め二条天皇,のちに後鳥羽天皇中宮任子(宜秋門院)に仕え,正治2(1200)年『正治初度百首』,建仁3(1203)年『千五百番歌合』などに出詠,長い期間にわたり歌人として活躍した。代表作は,百人一首に採られた「わが袖は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾く間もなし」で,この歌にちなんで,「沖の石の讃岐」とも呼ばれた。家集に『二条院讃岐集』があり,『千載和歌集』以下の勅撰集に72首(重複のぞく)が入集している。<参考文献>森本元子『二条院讃岐とその周辺』

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にじょういんのさぬき【二条院讃岐】

1141ころ‐1217ころ(永治1ころ‐建保5ころ)
平安末期~鎌倉初期の女流歌人。源三位頼政の女。二条天皇女房となり,天皇の没後藤原重頼と結婚した。建久(1190‐99)ごろには後鳥羽院中宮宜秋門院に再出仕し,晩年出家。〈我袖は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾くまぞなき〉(《千載集》)が有名で,〈沖の石の讃岐〉の異名を得た。技巧の目立たない沈潜した抒情に特色があり,《千載集》以下の勅撰集に74首入集する。【上条 彰次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二条院讃岐の関連キーワード四条家女房装束男房武家時代西行花伝富山県下新川郡入善町田中七条院権大夫七条院大納言高松院右衛門佐美濃局(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone