コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次感染 ニジカンセン

デジタル大辞泉の解説

にじ‐かんせん【二次感染】

同じ人が、ある感染症に続いて別の感染症にかかること。また、集団感染で、ある感染症に最初に感染した人から感染を受けること。続発感染

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にじかんせん【二次感染 secondary infection】

宿主に一種の病原微生物の感染が成立した後に,別種の病原微生物による感染が加わる場合を二次感染または続発感染という。宿主に2種以上の病原微生物がほぼ同時に感染する混合感染との区別がむずかしい場合が少なくない。このような場合,重感染または重複感染と呼ぶことが多い。 二次感染は呼吸器感染症の際,しばしばみられる。急性上気道感染症いわゆる風邪の原因の大部分はウイルスであるが,細菌二次感染をきたすことが少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にじかんせん【二次感染】

最初に生体に侵入した病原体による疾病が全治する前に、それと異なる病原体の感染を受けること。インフルエンザに、細菌による肺炎を続発する場合など。
感染者から、さらに別人に感染すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二次感染の言及

【感染】より

…病原微生物の多くは生体に侵入し増殖して直接に疾病を引き起こすが,なかにはジフテリアや破傷風のように,病原菌は侵入個所にとどまって,菌の増殖の結果,放出する菌体外毒素が体内をめぐって筋や神経を障害し疾病を引き起こすものもある。また,生体がある病原体に初めて感染する場合を初感染,同一病原体に再び感染する場合を再感染,同一生体に2種以上の病原体が同時に感染するときは混合感染,1種の病原体による感染が成立したのちに,他種の病原体の感染が加わったときは二次感染という。たとえば,小児が麻疹ウイルスに初感染し,麻疹として経過しているとき,化膿菌の二次感染を起こして中耳炎や肺炎を合併することがある。…

※「二次感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二次感染の関連キーワード帯下(こしけ/おりもの)腸管出血性大腸菌感染症咽頭結膜熱(プール熱)AIDSサーベイランスかぜ症候群(普通感冒)性感染症とのどの症状ブタインフルエンザトリインフルエンザ子どもの急性鼻炎自家感作性皮膚炎はしか(麻疹)腸炎ビブリオ症セフォタキシムインフルエンザエボラ出血熱トロイの木馬虚血性腸病変マダニ感染症急性副鼻腔炎ブタコレラ菌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次感染の関連情報