二見朝隈(読み)ふたみ あさくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二見朝隈 ふたみ-あさくま

1852-1908 明治時代の写真家。
嘉永(かえい)5年生まれ。明治4年北庭筑波(きたにわ-つくば)にまなび,8年東京日本橋で写真館を開業するが火災で横浜に寄留,野毛山から撮影した朝日で話題をよぶ。11年東京銀座にうつり,22年深沢要橘と専門誌「写真新報」を創刊した。明治41年2月28日死去。57歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android