コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二見朝隈 ふたみ あさくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二見朝隈 ふたみ-あさくま

1852-1908 明治時代の写真家。
嘉永(かえい)5年生まれ。明治4年北庭筑波(きたにわ-つくば)にまなび,8年東京日本橋で写真館を開業するが火災で横浜に寄留,野毛山から撮影した朝日で話題をよぶ。11年東京銀座にうつり,22年深沢要橘と専門誌「写真新報」を創刊した。明治41年2月28日死去。57歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二見朝隈の関連キーワード丸木 利陽丸木利陽明治時代写真家嘉永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android