コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二見朝隈 ふたみ あさくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二見朝隈 ふたみ-あさくま

1852-1908 明治時代の写真家。
嘉永(かえい)5年生まれ。明治4年北庭筑波(きたにわ-つくば)にまなび,8年東京日本橋で写真館を開業するが火災で横浜に寄留,野毛山から撮影した朝日で話題をよぶ。11年東京銀座にうつり,22年深沢要橘と専門誌「写真新報」を創刊した。明治41年2月28日死去。57歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

二見朝隈の関連キーワードシーボルトノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)国木田独歩シーボルト西太后ユダヤ演劇監獄法国木田独歩

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone