コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二豎 ニジュ

デジタル大辞泉の解説

に‐じゅ【二×豎】

《「豎」は子供の意。「春秋左伝」成公一〇年の、病気をした晋の景公が、病因の変化(へんげ)である二人の豎子が良医を恐れて肓(こう)と膏(こう)の下に隠れた夢を見たという故事から》病魔。また、病気。「二豎に侵される」→病(やまい)膏肓に入る

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にじゅ【二豎】

〔「左氏伝成公十年」に載る語。病んだ晋の景公が、病因の二豎子(二人の童子)が良医をおそれて肓こうと膏こうとの間(横隔膜の上、心臓の下)に隠れた夢を見た故事による〕
病魔、転じて病気。やまい。 → やまい膏肓に入る

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二豎の関連キーワード膏肓