コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病膏肓に入る ヤマイコウコウニイル

デジタル大辞泉の解説

病(やまい)膏肓(こうこう)に入(い)・る

《「」も「肓」も、病気がそこに入ると、治療しにくい所。中国、春秋時代、晋の景公が気になったとき、病気の精が二人の子供となって膏と肓に逃げこんだので、病気が治らなかったという「春秋左伝」成公一〇年の故事による》
病気がひどくなり、治療しようもない状態となる。
物事に熱中して抜け出られないほどになる。「付き合いで始めたゴルフが今や―・ってしまった」
[補説]この句の場合、「入る」を「はいる」とは読まない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまいこうこうにいる【病膏肓に入る】

〔晋しんの景公が、病魔が膏と肓の間に入り、名医も治療できないという夢をみたという「左氏伝成公十年」の故事から。誤って「病膏盲こうもうに入る」とも〕
治療のほどこしようのないほど病気が重くなる。
何かに熱中して抜け出せなくなるたとえ。 → 膏肓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

病膏肓に入る
やまいこうこうにいる

「膏」は心臓の下、「肓」は横隔膜の上をいい、俗に「こうもう」と読む。ともに内臓の奥深く位置し、針も灸(きゅう)もその力が及ばないところから、病気が不治の状態になることをいい、転じて悪癖や弊害などが手のつけられないほどになることをいう。
 中国、晋(しん)の景侯が重病にかかり、秦(しん)の国から名医を招いたが、その医者が到着する前に、侯の夢に病魔が二人の童子の姿で現れ、「彼は良医だから、痛めつけられるだろう。どこに逃げたらよいだろう」といい、「肓の上、膏の下にいたならば、なにもできないだろう」と話すのを聞いた。やがてやってきた医者は「これでは処置なし」と診断した、と伝える『春秋左氏伝』「成公十年」の故事による。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

病膏肓に入るの関連キーワード春秋左氏伝膏肓

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android