コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重星団 にじゅうせいだん double cluster

2件 の用語解説(二重星団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重星団
にじゅうせいだん
double cluster

ペルセウス座にある散開星団。星が密になった2つの中心が角度で約 50′離れて並び,ペルセウス座hおよびχ星団と呼ばれる。双方とも天球上で直径約 20′の範囲に 300個あまりの星を含む。地球からの距離は約 7300光年で,太陽が位置する渦巻の腕の外側の腕に属している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二重星団
にじゅうせいだん

普通はペルセウス座とカシオペヤ座の中間にある散開星団NGC869(h Per)とNGC884(χ(カイ) Per)をいう。二つの星団とも年齢は約1000万年と推定され、散開星団のなかでは非常に若い。このため、スペクトル型は青白いO型やB型の明るい星を多く含み、双眼鏡や小望遠鏡で楽しむことのできる秋の星団の一つである。地球からは約7500光年の距離にあり、それぞれは互いに1000光年ほど離れている。実際の力学的相互作用は不明であるが、お互い関係のある星団らしいことがわかってきている。[吉澤正則・藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重星団の関連キーワード銀河星団散開星団星団ヒアデス星団プレアデス星団プレセペ星団ペルセウス座ペルセウス座β星ペルセウス座流星群《ペルセウス像》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二重星団の関連情報