コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重星団 にじゅうせいだんdouble cluster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重星団
にじゅうせいだん
double cluster

ペルセウス座にある散開星団。星が密になった2つの中心が角度で約 50′離れて並び,ペルセウス座hおよびχ星団と呼ばれる。双方とも天球上で直径約 20′の範囲に 300個あまりの星を含む。地球からの距離は約 7300光年で,太陽が位置する渦巻の腕の外側の腕に属している。星団の年齢は約 2000万年と若く,周囲をアソシエーション (星組合 ) が取巻いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二重星団
にじゅうせいだん

普通はペルセウス座とカシオペヤ座の中間にある散開星団NGC869(h Per)とNGC884(χ(カイ) Per)をいう。二つの星団とも年齢は約1000万年と推定され、散開星団のなかでは非常に若い。このため、スペクトル型は青白いO型やB型の明るい星を多く含み、双眼鏡や小望遠鏡で楽しむことのできる秋の星団の一つである。地球からは約7500光年の距離にあり、それぞれは互いに1000光年ほど離れている。実際の力学的相互作用は不明であるが、お互い関係のある星団らしいことがわかってきている。[吉澤正則・藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二重星団の関連キーワードプレセペ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android