コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五乗 ごじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五乗
ごじょう

仏教用語。乗とは乗物の意で,釈尊の教えをさす。一般には,人乗,天乗,声聞乗縁覚乗菩薩乗をさす。菩薩乗,声聞乗,縁覚乗,種々性乗,人天乗をさすこともあり,そのほかにも種々の五乗が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐じょう【五乗】

《「乗」は悟りの岸に運ぶ乗り物で、教えの意》5種の教法。人乗・天乗・声聞(しょうもん)乗・縁覚(えんがく)乗・菩薩(ぼさつ)乗。宗派により名称が異なる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじょう【五乗】

〘仏〙 諸仏の五種の教え。悟りに導く教法を乗り物にたとえて「乗」という。一般には人乗・天乗・声聞しようもん乗・縁覚えんがく乗・菩薩乗の五つ。天台宗では、声聞乗と縁覚乗を一つとし、仏乗を加える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五乗の関連キーワード五分五乗方式林業税制天台宗五つ仏乗一乗諸仏

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五乗の関連情報