五乗(読み)ごじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五乗
ごじょう

仏教用語。乗とは乗物の意で,釈尊の教えをさす。一般には,人乗,天乗,声聞乗縁覚乗菩薩乗をさす。菩薩乗,声聞乗,縁覚乗,種々性乗,人天乗をさすこともあり,そのほかにも種々の五乗が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐じょう【五乗】

《「乗」は悟りの岸に運ぶ乗り物で、教えの意》5種の教法。人乗・天乗・声聞(しょうもん)乗・縁覚(えんがく)乗・菩薩(ぼさつ)乗。宗派により名称が異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじょう【五乗】

〘仏〙 諸仏の五種の教え。悟りに導く教法を乗り物にたとえて「乗」という。一般には人乗・天乗・声聞しようもん乗・縁覚えんがく乗・菩薩乗の五つ。天台宗では、声聞乗と縁覚乗を一つとし、仏乗を加える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐じょう【五乗】

〘名〙 (「乗」はのりもの。衆生を彼岸に運載する教えの意) 仏語。五種の教法の総称。仏乗、菩薩乗、縁覚(えんがく)乗、声聞(しょうもん)乗、人天乗の五種。また、声聞乗、縁覚乗、菩薩乗、人間乗、天上乗の五種ともいい、他にも多くの説き方がある。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)八月庚子「皇太后遊心五乗、棲襟八正」 〔四分律行事鈔資持記‐上一・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五乗の関連情報