コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏乗 ぶつじょうbuddhayāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏乗
ぶつじょう
buddhayāna

仏教用語。大乗仏教徒は,修行僧沙門立場声聞乗縁覚乗とし,あわせて二乗と称した。これに対する自分たちの立場を菩薩乗と呼び,それは真実に仏になる立場であるから仏乗と自称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶつじょう【仏乗】

〘仏〙 三乗の一。すべての衆生しゆじようの成仏する道を説いた教え。菩薩乗。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仏乗の関連キーワード神奈川県鎌倉市浄明寺讃仏乗・讚仏乗仏乗慈僊西沢一鳳天岸慧広瑜伽上乗大白牛車法華経仏語縁覚衆生日惺五乗仏戒宥免慧琳

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android