五欲(読み)ごよく

日本大百科全書(ニッポニカ)「五欲」の解説

五欲
ごよく

仏教用語。5種の欲望の意で、五官望、悦楽(えつらく)のこと。目、、鼻、舌、身の五つの感覚器官(五根(ごこん))が、それぞれ、味、触(触れられるもの)の五つの感覚対象(五境(ごきょう))に執着して引き起こされる5種の欲望をいう。また五境を享楽すること。総じて、世俗的な人間の欲望一般をもいう。五つの感覚対象それ自体は欲望ではないが、人間の欲望を引き起こす原因となるから、五境も五欲といわれる。なお、財欲、性欲、飲食欲、名誉欲、睡眠欲の五つも五欲という。

[阿部慈園]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「五欲」の解説

ご‐よく【五欲】

〘名〙 仏語
① 色・声・香・味・触の五境に対して起こす情欲。五塵。
※霊異記(810‐824)下「涅槃経に云はく、五欲の法を知らば、歓楽有ること無し、暫くも停まること得じ」 〔大智度論‐一七〕
② 財欲・色欲・飲食欲・名欲・睡眠欲の五つの欲望。
※米沢本沙石集(1283)八「皆人の知りがほにしてしらぬは死する事也。誠にしるならば、五欲(ゴヨク)財利もなににかせむ」 〔大明三蔵法数‐二四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五欲」の解説

五欲
ごよく

仏教用語。5つの感覚器官に対する5つの対象,すなわち形体のある物質 (色) ,音声 (声) ,香り (香) ,味,触れてわかるもの (触) をいう。これらは,欲望を引起す原因となるので五欲という。また,財欲,色欲,食欲,名誉欲,睡眠欲を五欲という場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「五欲」の解説

ご‐よく【五欲】

仏語。人間がもつ五つの欲。しきしょうこう・味・そくの五境に対して起こす欲望。また、財欲・色欲・飲食おんじき欲・名欲・睡眠欲の五つ。五塵ごじん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android