五欲(読み)ごよく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五欲
ごよく

仏教用語。5つの感覚器官に対する5つの対象,すなわち形体のある物質 (色) ,音声 (声) ,香り (香) ,味,触れてわかるもの (触) をいう。これらは,欲望を引起す原因となるので五という。また,財欲色欲,食欲,名誉欲,睡眠欲を五欲という場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐よく【五欲】

仏語。人間がもつ五つの欲。色(しき)・声(しょう)・香(こう)・味・触(そく)の五境に対して起こす欲望。また、財欲・色欲・飲食(おんじき)欲・名欲・睡眠欲の五つ。五塵(ごじん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごよく【五欲】

〘仏〙
しき・声しよう・香・味・触そくの五境に対する愛。
財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲の五つの欲望。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五欲
ごよく

仏教用語。5種の欲望の意で、五官の欲望、悦楽(えつらく)のこと。目、耳、鼻、舌、身の五つの感覚器官(五根(ごこん))が、それぞれ色、声、香、味、触(触れられるもの)の五つの感覚対象(五境(ごきょう))に執着して引き起こされる5種の欲望をいう。また五境を享楽すること。総じて、世俗的な人間の欲望一般をもいう。五つの感覚対象それ自体は欲望ではないが、人間の欲望を引き起こす原因となるから、五境も五欲といわれる。なお、財欲、性欲、飲食欲、名誉欲、睡眠欲の五つも五欲という。[阿部慈園]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五欲の関連情報