コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式能 シキノウ

2件 の用語解説(式能の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しき‐のう【式能】

儀式として催される能。江戸時代には、幕府の行事や祝典、将軍家の慶事などの際に、江戸城本丸表の舞台で翁(おきな)付き五番立ての能が催された。現在では、能楽協会などの主催するシテ方五流出演の五番立ての催しをいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しきのう【式能】

儀式として催される能楽。江戸幕府では、将軍宣下せんげ・勅使下向・普請祝いなどに、江戸城内に能楽の四座一流を召して翁付き五番立てで催した。現在では、能楽協会主催の五番立ての五流能をいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

式能の関連情報