コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五苦 ゴク

デジタル大辞泉の解説

ご‐く【五苦】

仏語。
人生における五つの苦しみ。
㋐生(しょう)・老・病・死の四苦に、愛別離苦または犯罪人束縛送獄の苦を加えたもの。
㋑生老病死苦・愛別離苦・怨憎会(おんぞうえ)苦・求不得(ぐふとく)苦・五陰盛(ごおんじょう)苦。
迷いの世界である五悪趣で受ける苦。諸天苦・人道苦・畜生苦・餓鬼苦・地獄苦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごく【五苦】

〘仏〙 人間界の五つの苦しみ。生・老・病・死の四苦に愛別離苦を加えたもの。また、生老病死・愛別離・怨憎会おんぞうえ・求不得ぐふとく・五陰盛ごおんじようをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五苦の関連キーワード愛別離苦生老病死人間界苦しみ五つ四苦怨憎

五苦の関連情報