コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上因碩 イノウエインセキ

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐いんせき〔ゐのうへ‐〕【井上因碩】

囲碁棋士。井上家は江戸幕府の碁所(ごどころ)家元四家の一。江戸初期の中村道碩を祖とし、2世から代々井上因碩を名のる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いのうえいんせき【井上因碩】

江戸幕府碁所四家の一。江戸前期から昭和期まで一六代を数え、二代より因碩を名のる。初代(1582~1630)は、名は中村道碩。本因坊算砂の弟子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の井上因碩の言及

【碁】より

…なお,碁所の地位を得た者は次の8名のみである。初代本因坊算砂,中村道碩,2世安井算知,4世本因坊道策,4世井上因碩,5世本因坊道知,9世本因坊察元,12世本因坊丈和。江戸時代の家元は算砂を初代とする本因坊家,その跡を継いで碁所に就いた中村道碩を元祖とする井上家,準名人算哲を祖とする安井家,準名人門入(もんにゆう)を祖とする林家の4家である。…

※「井上因碩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井上因碩の関連キーワード井上因碩(4代)安井算哲(1)鴻原 義太郎関山 利一恵下田因碩本因坊丈和鴻原義太郎本因坊秀和本因坊道策本因坊算砂井上春碩井上策雲井上春達井上玄覚松本因碩棋院四家井上道節井上幻庵高橋友碩服部因淑

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上因碩の関連情報