コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井倉洞 イクラドウ

3件 の用語解説(井倉洞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いくら‐どう〔ゐくら‐〕【井倉洞】

岡山県中西部、高梁(たかはし)川上流井倉峡にある鍾乳洞。新見(にいみ)市井倉、阿哲台のカルスト地帯に雨水などが浸食してできた。長さ1200メートル石筍(せきじゅん)・石柱が発達している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕井倉洞(いくらどう)


岡山県新見(にいみ)市南部、高梁(たかはし)川右岸の断崖(だんがい)に開口した鍾乳洞(しょうにゅうどう)。石灰岩台地の阿哲台(あてつだい)の一部。人工掘削により、洞内は一方通行で探勝できる。人工洞を含め、全長1.2km。洞内は石筍(せきじゅん)・石柱・石灰華が発達。落差50mの地軸(ちじく)の滝がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井倉洞
いくらどう

岡山県北西部、新見(にいみ)市井倉の高梁(たかはし)川の絶壁に開口する鍾乳洞(しょうにゅうどう)。1958年(昭和33)発見。全長1.2キロメートルで、カーテン、石筍(せきじゅん)、石柱が発達しており、県指定天然記念物阿哲台(あてつだい)の一部。JR伯備線井倉駅から近い。また、ここから下流へ約8キロメートルの間は高梁川が吉備(きび)高原を下刻した峡谷で、井倉峡(草間峡)という。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井倉洞の関連キーワード高梁新見市新見公立大学新見新見藩新見[市]新見荘新見嘉兵衛平田豪谷山岡元貞

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井倉洞の関連情報