コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井倉洞 イクラドウ

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕井倉洞(いくらどう)


岡山県新見(にいみ)市南部、高梁(たかはし)川右岸の断崖(だんがい)に開口した鍾乳洞(しょうにゅうどう)。石灰岩台地の阿哲台(あてつだい)の一部。人工掘削により、洞内は一方通行で探勝できる。人工洞を含め、全長1.2km。洞内は石筍(せきじゅん)・石柱・石灰華が発達。落差50mの地軸(ちじく)の滝がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井倉洞
いくらどう

岡山県北西部、新見(にいみ)市井倉の高梁(たかはし)川の絶壁に開口する鍾乳洞(しょうにゅうどう)。1958年(昭和33)発見。全長1.2キロメートルで、カーテン、石筍(せきじゅん)、石柱が発達しており、県指定天然記念物阿哲台(あてつだい)の一部。JR伯備線井倉駅から近い。また、ここから下流へ約8キロメートルの間は高梁川が吉備(きび)高原を下刻した峡谷で、井倉峡(草間峡)という。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

井倉洞の関連キーワード岡山県新見市井倉岡山県新見市日め坂鐘乳穴新見(市)石灰岩台地一方通行新見市石灰華高梁川高梁地軸洞内石筍

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井倉洞の関連情報