コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿哲台 あてつだい

2件 の用語解説(阿哲台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿哲台
あてつだい

阿哲高原ともいう。岡山県西部,新見市南部にある石灰岩の台地。高梁 (たかはし) 川左岸の草間,豊永の高原を中心とする。高梁川はこの地域で,北に阿哲峡 (丹霞〈たんか〉峡) ,南に井倉峡をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿哲台
あてつだい

岡山県西部、吉備(きび)高原中央部に位置する石灰岩台地。大部分が新見(にいみ)市、一部が真庭(まにわ)市に属する。標高350~500メートル、東西約18キロメートル、南北約7キロメートルで、石灰岩台地としては山口県秋吉台に次ぐ規模をもつ。台地上にはドリーネ、カレンフェルトなどのカルスト地形が発達し、満奇洞(まきどう)、井倉洞、日坂鍾乳穴(ひめさかかなちあな)などの鍾乳洞(しょうにゅうどう)があり、一括して県の天然記念物に指定されている。また、高梁(たかはし)川上流県立自然公園に含まれている。台地面はおもに畑で、葉タバコやソバの栽培が行われ、果樹の導入もみられる。石灰岩層は厚さ1100メートルあり、下部石炭紀からはペルム紀(二畳紀)の小形有孔虫の化石が岩本、正山(しょうやま)、蟹(かに)川、槇(まき)で、石炭紀の化石が名越(なごえ)、小谷でみいだされる。また一般に石灰岩植物とよばれる特有の植物が少なくない。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿哲台の言及

【新見[市]】より

…1928年伯備線,36年姫新・芸備両線が通じた。周辺には石灰石が豊富で,カルスト地形の発達する阿哲台には満奇(まき)洞や井倉洞などの鍾乳洞が見られる。また石灰石はセメント原料,製鉄用原料として採掘されてきたが,小野田セメントの工場は1976年に閉鎖された。…

※「阿哲台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿哲台の関連キーワード岡山県新見市井倉岡山県新見市石蟹岡山県新見市上市岡山県新見市草間岡山県新見市菅生岡山県新見市高尾岡山県新見市千屋岡山県新見市新見岡山県新見市西方岡山県新見市法曽

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone