コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井島遺跡 いじまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

いじまいせき【井島遺跡】

香川県香川郡直島町井島の南端鞍掛にある旧石器時代終末ころの遺跡であるが,鞍掛台地の下部海岸線には,縄文時代晩期の土器を出土する地点や,製塩土器である師楽式土器の包含される地点もある。旧石器時代の石器を出土する鞍掛およびこれに接する台地に,旧石器時代の遺物包含層の存在が注意されたのは,1951年ごろで,54,55年に正式に発掘が行われた。この遺跡で採集された石器は,石槍,石鏃,ナイフ形石器,小型ナイフ形石器,細石刃,細石刃核などであるが,正式発掘で小型ナイフ形石器が細石刃・細石刃核などより下の層位で発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井島遺跡
いじまいせき

瀬戸内海の井島(香川県直島(なおしま)町井島鞍掛(くらかけ))にある旧石器時代の遺跡。1951年(昭和26)ごろ発見された遺跡で井島最南端の小台地上にある。表面採集により石槍(いしやり)、石鏃(せきぞく)、ナイフ形石器、小型ナイフ形石器、細石刃(さいせきじん)、細石刃核(かく)が発見された。54、55年の発掘で下層から小型ナイフ形石器、上層から細石刃核が発見され、小型ナイフ形石器を井島群石器、細石刃・細石刃核を井島群石器とよぶこととした。両石器群ともに、形態がきわめて小型であるため、組合せ石器として使用されたものと考えられる。[鎌木義昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例