亜ジチオン酸(読み)あジチオンさん(英語表記)dithonous acid

世界大百科事典 第2版の解説

あジチオンさん【亜ジチオン酸 dithonous acid】

化学式H2S2O4ヒドロ亜硫酸または次亜硫酸(ハイポ亜硫酸)と呼ばれていたが,IUPAC命名法で亜ジチオン酸に改められた。亜二チオン酸ということもある。遊離酸は密閉器中で二酸化硫黄に鉄,亜鉛ナトリウムアマルガムを作用させると得られるが,きわめて不安定で,チオ硫酸,二酸化硫黄,硫化水素に分解する。亜ジチオン酸塩には,アルカリ金属,アルカリ土類金属,亜鉛,カドミウムなどの塩が知られている。金属を有機溶媒,水に懸濁させるか,アマルガムとして二酸化硫黄を通じると得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android